平成30年度 秋合宿阿蘇チャリ

秋合宿阿蘇チャリの思い出を綴る。

集合は新大阪駅。新幹線で熊本へむかった。今回の合宿の最寄り駅は内牧駅だが、2016年の熊本大地震で路線が不通になっていた。行けるところまでいき、そこからは自転車で向かうことになっていた。

道中、沢山のトラックとすれ違った。沢山の人が働いていた。町が、人が、みんな、団結し復興へ向けて頑張っているそのさまを肌で味わった。阿蘇ライダーハウスというところにお世話になった。ホームページにある通り、「一番おもしろく、一番厳しい宿」だった。そこで私は暖かい、人のぬくもりを感じることが出来た。「人と人とのつながりが希薄になっている現代だからこそ、このような機会を大切にしよう」、そう心の中で呟いた。

次の日は阿蘇山へのヒルクライムだった。前半は終始登り。だが、今回のPartyは逞しかった。なんと道中の牛に話しかけながら軽やかにペダルを回すものさえいた。黄金のすすきに背中を押されながら登った。

    

登ると巨大カルデラ、外輪山に囲まれた阿蘇の街を俯瞰することが出来た。自然の美しさ、恐ろしさを感じた。すすきに覆われた黄金色からは打って変わって、加工付近は黒と茶色の大地、まるで火星に降り立ったようだった。

 

 

  

2日目は1日目に眺めた外輪山を一周した。阿蘇はユネスコ世界ジオパークに登録されている。ジオパークというのは「大地の公園」つまり地球(ジオ)を楽しむことのできる場所であるそうだ。圧巻の景色に感動した。なるほどたしかに。

日本で他に8つの場所がユネスコ世界ジオパークに登録されている。いつか行って、楽しんでみたい。

  

最終日は阿蘇の大地を抜け温泉地別府へ向かった。途中鍋ヶ滝に立ち寄った。火山活動の結果生まれた、自然の宝。カーテンのように流れ落ちるその美しいフォルムに皆感嘆していた。

 

阿蘇は素晴らしい場所だ。これからも合宿として行くことを心から願っている。

 

平成30年度 秋合宿in剣山

平成30年度剣山山域での秋PWは60期さん2名、61期さん1名、62期さん3名、63期4名で11月1日から3日の日程で行われた。

合宿1日目は見ノ越から登山リフトを使い、その後は1時間ほどの山道で1日目に泊まる剣山山頂ヒュッテに到着した。リフトを降りてからは急登が続いたが気温も涼しく気持ちよく歩く事が出来た。山頂ヒュッテは暖房完備、お風呂まであり快適な宿泊をすることができた。

合宿2日目は炊事後にきれいなご来光を見ることから始まった。

この日はまず剣山に登り次郎笈、丸石を越え白髪避難小屋までの行動でした。剣山では非常に寒く風が強かったのであまり滞在出来なかったが、全体としては天候に恵まれ自分たちが進む道がきれいに見渡すことができ稜線歩きの醍醐味を堪能することが出来た。

この日の夜はガスがでていることはあったが、概ね晴れていて満点の星空を見ることができた。

合宿3日目は白髪避難小屋を出て三嶺を登り、名頃新登山口まで降りる行動でした。三嶺までの急登は鎖場もあり辛かったが三嶺での遠くの海まで見渡せる360度のパノラマがその疲れを癒やしてくれた。

三嶺から名頃新登山口まで下りが続いたが無事全員が降りることができた。その後奥祖父かずら橋を観光した後、徳島市内で打ち上げを行い解散した。

以上3日間天候に恵まれ非常に合宿を楽しむことができた。ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

投稿日時:2019-01-11 09:00:21
カテゴリ:秋合宿
コメント:0件

平成30年度 山小屋W

 山小屋Wに行ってきました!


 今年の山小屋はなんといっても60周年記念なのでOBさんもたくさん来られて、荷揚げも含めて大変な1週間になりました(´Д` )半年間使っていて、それほど汚いと思っていたわけではなかったですが、改装すると感激でしたね(*´꒳`*)

 外見ももちろんですが、中の清潔感がグッッと上がった気がします(๑˃̵ᴗ˂̵)b

  
完工式ではOBさんたちによって昔の様子が語られ、山小屋に対する愛着が増しました
 これからも大事に山小屋を使っていきたいです!

投稿日時:2019-01-10 18:11:08
カテゴリ:山小屋W
コメント:0件

平成30年度 焼岳

今回はOB・現役交流企画として焼岳登山に参加させていただいたので、その際の感想を書かせていただきます。

当日は新穂高ロープウェイ駅に現地集合で、そこで他の現役部員やOBの方々と合流しました。登山前日までかろうじて曇りだったのですが当日は雨が降り出し、新穂高についてからは雨足が強くなってしまいました。天気は残念ですがOBさんとの交流を楽しもうと気持ちを切り替え、まずはロープウェイで一気に高度を上げてからいよいよ登山開始です。ロープウェイの駅から山小屋までの登山道はよく整備されており、雨の中でも問題なく山行ができました。OBさんや現役同士で会話を楽しみながら2時間ほど歩き無事小屋に到着しました。

今回宿泊した西穂山荘はかなり大きく、設備の整った山小屋でした。乾燥室や山の上とは思えないほどの豪華な食事がとても嬉しかったです。夕食後は全員で一つの部屋にあつまり自己紹介の時間となり、現役の一番若い63期から順番に自己紹介をしました。最も古いOBさんは3期の方でワンゲル部創立時の貴重なお話もしてくださいました。阪大ワンゲル部の長い歴史を感じられる貴重な時間となりました。

翌日は朝早くから山行を開始しました。雨は降ってはいませんでしたが、ガスが立ち込めており景色を楽しむことはできませんでした。しかし、前の日よりもさらに多くのOBさんと交流ができました。OBさんからは学生時のワンゲルの様子やどのような活動をしていたかをお聞きしました。現役の私たちからは今年度の合宿の様子や普段の活動をお話しさせていただきました。

焼岳小屋に着いた後は装備を軽くしピストンで焼岳のピークに挑みました。ごつごつとした荒々しい岩肌や立ち上ってくる硫黄のにおい、岩の間から漏れ出る熱気から焼岳が今もなお活発に活動していることが実感させられました。頂上の火口部はガスのため見えませんでしたが、地球の息吹を感じられる貴重な経験となりました。焼岳から降りてくるころには一部視界が開け、上高地や周囲のアルプスの山々の景観も見ることもできました。

焼岳小屋に戻った後は上高地に向けて下山を開始しました。下山後の予定もあったためペースはかなり速めで、上高地に着くころには現役の私たちもかなり疲れてしまったのですが、OBのご高齢の方も同じペースで下山されました。これにはOBさんの体力を思い知らされ、驚くとともに感動しました。

その後は上高地からバスと電車で松本まで移動し、市内のホテルで60周年企画の報告会が行われました。おいしい食事を楽しみながら、60期のOBさんから中央アジア遠征や台湾一周チャリの報告を聞かせていただきました。最後に肩を組みあっての全寮歌の大合唱で報告会は幕を閉じました。

今回この企画に参加して、焼岳登山を楽しむとともに阪大ワンゲルの長い歴史を感じることができました。この歴史あるワンゲルを盛り上げるため現役として頑張っていこうという気持ちが明確になりました。本登山を企画してくださった60期さん、たくさんお話をさせていただいたOBさんに改めてお礼申し上げます。ありがとうございました。

投稿日時:2019-01-10 10:44:42
カテゴリ:合宿
コメント:0件

平成30年度 夏合宿ー大雪山ー

828日~94

大阪駅集合で舞鶴まで移動し、往路はフェリーで小樽まで行き、そこから上川まで電車とタクシーで麓に向かいました。下山後は旭川で打ち上げをして解散しました。北大クマ研究会(クマ研)や黒岳石室の小屋のオーナーさんなど、様々な出会いがありました。9月初めの台風のために、61stリーダーさんの判断により合宿は一日前倒しの変則的なスケジュールとなりましたが、それでも大いに楽しめた1週間でした。直後に北海道胆振地区を襲った地震で家に帰れなくなった部員が続出しましたが、これが下山後で本当に幸運でした。良くも悪くも初めての体験が多くて部員それぞれが感じ、成長したことも多いと思います。

 

以下、僕なりの夏合宿の感想文です。報告は以上ですので気になった方は読んでいただけるとありがたいです。

 

山は人に後悔させる。

 

層雲峡から山腹に張り付くように伸びているロープウェーに乗り、ぐんぐんと高度を上げる。麓で見上げていた雲の高度に到達し、いつしか一面霧の世界となった。息が白い。体が冷えてくる。

 

 サイト地めざして黒岳の斜面を一歩一歩ゆっくりと上る。黒岳の山頂に立つ。視界が無いせいか制覇したという実感がない。斜面を下りながら、足元の道を伸ばし、北海道の緩やかな稜線や谷あいの沢を思い描く。これから待ち受けている旭岳や白雲岳はどのような姿をしているのだろうか。まだ見ぬ頂に思いを馳せ、天候だけは良くなってほしいと、黒岳石室のベースキャンプでずっと願っていた。

 

 朝、空を見上げる。澄み切った蒼が高い。すぐそこまで宇宙が迫っている。

高原の切れ落ちたところからゆっくりと威厳に満ちた太陽が昇る。夏合宿で初めて目にする日の出だ。なんて美しいのだろう。それまで体を切り裂くような冷酷な風に晒され緊張した体を、いとも簡単に内部からほぐしてくれる。科学技術が進歩したって、人類は太陽以上の明かりを作ることはできないだろう。どうしてこうも温かいのか、解明することさえできないだろう。私を分析するな、感じろと太陽が脳に呼びかけていた。LEDばかりが煌々と光り輝く時代になり、最近の明かりはどんどん冷たくなっているように感じて、心なしか悲しくなった。

渡渉の沢水がきりりと冷たい。雪解けの遅い大地に流れる純粋で清冽な水分子が、神経を伝って脳を冷やす。触れている部分はわずかなのに、自分の影が大地に吸収されてゆく。はきなれた登山靴を履き、山道を進んでゆく。足元の氷を砕き、石を蹴り飛ばして、自分の薄くなった影を踏みつけ、歩いてゆく。いや、歩くことしかできない。捕食するために能動的に移動するという、生命の最も単純な作業をただ流れるようにやっているだけだった。

 

北海岳の山頂に足を踏み入れ、ひと時の休息ののち、静寂の中じっと耳を澄ます。風が傍らをひょうと通り抜けてゆく。「おい、ちょっと待てよ。」と言ってみたが何の反応もない。ここには人間なんて存在しないのだ。風の通り道さえも遮ることができない、私は微塵のような存在だった。雲ひとつない青い空と不動の大地からではなく、一方行に流れ続ける風からしか、時を感じることができなかった。

 

 

旭岳、稜線を越えようと斜面を駆け登ってくる雲の切れ間から、どこまで続いているかもわからない雲海がどっちを向いても目に入ってくる。ここが北海道最高峰だ。足元のわずかな地面と、遥か彼方まで広がる雲と空。久しぶりの解放感だ。大都会大阪では感じることができない、雄大な景色が自分を包み込む。ただただ見入っていた。眼下にかかる虹を見ても感動することしかできない。私は空気のようになっていた。私は、本当は空気なのかもしれない。

 

コルを抜けて、野球場のように広い高原をトラバースして、稜線をなぞり、白雲岳に立つ。重力から逃れ、体が浮遊する。鳥の目で山を見る俯瞰で眺める。なんと見事な赤銅色のうねりなのだろう。ところどころに表れている雪渓に、一瞬目がくらみそうになる。氷河が大地を削り出して作るカールの曲面に、むき出しの地面と雪渓と草原が、パッチワークのように彼方の山麓まで伸びている。絶え間ない浸食作用と生命が繁栄する草原のせめぎあいが、悠久の時を経て私の目に飛び込んでくる。網膜に映した像は、水晶体の屈折によって倒立しているのに、私は空が上で大地が下のありのままの景色を感じている。不思議だ。現実を見ているのに現実を感じない。眼球なんて実は何の働きもしていないのではないか。

 

文明の力が築き上げた都会にないものすべてを、山は持っている。数多の人間が汗水を流し、時には命を落とし、それでも手に入れられなかったものが、山にはある。たとえブルドーザーで土砂を山盛りにしても、この景色は決して作れまい。それはだれが作ったとも知らない大地や大空や生命に神秘を感じ、強く訴えかけてくるものを掬おうするからだと思う。

自分も他の生き物と同じように、この山々の片鱗に過ぎない。束の間の人間の姿をとったあと、一度大地に吸収されて、他の生命として再び立ち現れるのだろう。そういった目に見えない美しさ、形に残らない繊細さが私たちを惹きつけるのである。

 

山に登って、いままで長い間なくしていたものを、再び取り戻せそうな気がした。しかし、山を下りるころにはまた失くすのだろう。綺麗な写真を撮っても一生の思い出を作っても、持ち帰れないものが、大雪山にはあった。

 

現代文明に侵蝕された自分のカレンダーを見て、人間に戻った私は踵を返し、下山する。

そのたびに私は思うのだ。

 

山は人に後悔させる。と。